舞台・美術スタッフを育成する専門学校 日本工学院の演劇スタッフ科ブログ

その情熱、実現させよう。



演劇スタッフ科blog

実習報告と舞台ゼ「演出部の仕事と稽古場での仕事」!

2020年10月24日 実習報告と舞台ゼ「演出部の仕事と稽古場での仕事」!

こんにちは!演劇スタッフ科です

1年生は選択したコースでそれぞれ本格的に実習授業をしています。
今週の照明コースの実習風景です。
1-1


1-2


デザイン・小道具コースの1年生は素材研究のため、立体物を製作します。
コンセプトは、2年生が行っている企画物に沿った内容です。未確認生物の化石を作ります。
先ずは、スケッチ・三角図面を描きます。
2-1


2-2


2日目から素材研究に入ります。
2-3


2年生のデザイン・小道具チームの火曜日午後の授業は、「ガラスの動物園」の製作の中で海外の資料を配り、建具について島川とおる先生より講義がありました。
3-1


3-2


3-3


木曜日は「声優演劇科1年次成果発表」のセットを描き上げ、仕込み作業を行いました。
3-4


3-5


そして発表の観劇です。
3-6


金曜日は「アガスの動物園」の模型製作も終わり、講評に入りました。
1人の発表に対して、他の同級生からのリアクションも求められます。
3-7


3-8


3-9


3-10


3-11


3-12


3-13


3-14


大道具コースは2年生が1年生に工具の操作を教えながら、様々な作業を学んでいきます。
40-1


40-2


40-3


40-4


破損した黒布パネルの修理をしていきます。
50-1


50-1-2


背の高い布パネルは16尺5寸(5m近い)もの高さがあり、天井のスプリングクラーより高いです。
50-2


50-3


破れた布や折れた骨の木材を交換やカットしていきます。
50-4


50-4-1


50-5


50-6


50-7


50-8


50-9


3.0尺(90.9cm)Х6.0尺(181.8cm)のパネル製作です。
51-1


51-2


51-3


51-4


51-5


出来たパネルに紙を貼ります。(経師作業という)
51-6


51-8


51-9


51-10


そして黒塗作業です。
51-11


人形用の馬立て製作です。
52-1


52-1-1


52-4


52-5


52-6


底に75个離ャスターを取り付けます。
52-7


52-8


52-10


52-11


52-12


人形立ての製作です。
52-13


52-14


52-15


52-16


52-17


52-18


人形立ての色塗りです。
52-18-1


52-19


ステンシルでナンバーを入れます。
52-20


52-21


52-22


完成と納品です。
52-23


52-24


52-25


ボックス階段の製作です。
53-1


53-2


53-3


53-3-1


53-4


53-5


53-6


53-7


53-8


ざる目編み込みのパーテンション製作です。
54-1


54-1-1


54-1-2


54-2


丸窓の製作です。
54-3


54-5


54-8


枠へはめ込みます。
54-6


54-7


54-9


裏面にホワイトボードも組み込みます。
54-10


54-11


54-12


54-13


それ以外にも釘皿の製作です。
55-1


55-2


低い作業台の製作です。
55-3


カッター定規の製作です。
55-4


金曜日は朝から2年生だけで、週末開催の体験入学セット建て込みです。
56-1


倉庫よりセットの搬出をします。
56-2


狭い場所にギッチリ入り込んでいます。
56-3


56-4


56-5


56-6


搬出も一苦労です。
56-7


56-8


56-9


56-10


セットが出てスッキリした空間になりました。
56-11


セットはドンドン組みあがっていきます。
56-12


56-13


56-14


56-15


56-16


56-17


56-18


56-19


セット建て込み中に通路にも体験入学の受付セットも建て込み作業です。
56-20


56-21


56-22


56-23


56-24


56-25


56-26


56-27


56-28


体験入学セットが建て込み終わると、直ぐに来週建て込み予定の客席鉄骨組みの検証をします。
57-1


57-2


57-3


57-4


57-5


57-6


57-7


57-8


57-9


21(水)は今年度2回目の1年生舞台ゼミを開催しました
上林先生による『舞台ゼミ』が行われました。

IMG_5986


IMG_5952 2


この授業では、これから舞台に関わる仕事をしていくうえで必要になる段取りの重要性を理解してもらうということを一番の題材としておこなわれました。
舞台で使われるセットの基本となるものを生徒自身が実際に作り、身をもって学びました。
まずは、立候補した学生3人で挑戦です


IMG_5990


ちなみに、実際に建てたセットはこちらです!

IMG_5949


設計図はこちらです。

IMG_5941


このセットで使われたものは、
・箱馬(×6)
・平台(×3)
・テープ(×2)(両面テープ・養生テープ)
・パンチカーペット(×1)
・パネル(×4)
・人形(×1)
・シズ(×1)
・Gクランプ(パネルとパネルを固定しているやつ)

IMG_5948


それでは!大まかな順序を説明していきます!
レッスン1
箱馬を地面に置きます。
レッスン2
箱馬の上に平台を置きます。平台はかなり重かったです。

IMG_5953


レッスン3
平台の端に沿って両面テープ・養生テープの順番で貼ります。

IMG_5988


IMG_5940


先生も見守ってくださっています。

IMG_5944


レッスン4
パンチカーペットをテープの上にきれいに張ります。

IMG_5960


IMG_5961


ここを丁寧にやらないとカーペットにムラができて完成が綺麗ではなくなってしまいます。

レッスン5
パネルをを立てます。
パネルを立てる順番は、右にある二枚のパネルです。これをL字になるように立てます。

IMG_5964


IMG_5965


それから他の二枚を立てます。

IMG_5990


出来上がったものがこちらです。

IMG_5991


ちなみに、これが人形です。

IMG_5972


これが、Gクランプです。

IMG_5968


ここまでは先生は口を出さず学生だけの力で組み立てましたが、
2回目は上林先生がセットを組みあげていく段取りを説明して、
上林先生+生徒×2で再挑戦

段取りを決めなかった1回目、段取りを決めて挑戦した2回目ではセットを立てる時間が約15分も短くなりました
段取りがいかに大切なのものか学生も身をもって学べました

そして今週のオンライン・配信授業の報告です。
2年生音楽ゼミのオンライン授業風景です。
60-1


60-2


60-3


大道具の1部チームは恒例の作業場片隅で受講です...。
60-4


60-5


60-6


60-7


1年生英会話のオンライン授業風景です。
61-1


61-2


61-3


1年生音楽ゼミのオンライン授業風景です。
61-4


61-5


61-6


61-7


今週のおまけ映像は「体験入学セット建て込み風景を裏から撮影」タイムラプスです。


そして「体験入学」本番の倍速収録映像です。


今回の報告は以上です!

また次回の報告をお楽しみに!!

今週の豆知識ラーメンの太麺は6分、細麺は1分茹でるとベスト

n-82764312 at 13:9 | この記事のURL | |