舞台・美術スタッフを育成する専門学校 日本工学院の演劇スタッフ科ブログ

その情熱、実現させよう。



演劇スタッフ科blog

今週の製作報告!

2020年01月25日 今週の製作報告!

こんにちは演劇スタッフ科です。

大道具コースは卒業公演仕込みに向けて、セット製作作業です。
1


2


小道具の椅子製作です。
30-1


10


11


12


ネジ留めする場所を穴開けします。
13


クランプで固定してネジ留めします。
14


15


枠組みを繋げていきます。
16


17


18


19


背もたれの材木を繋げていきます。
20


21


座面の天板に切り込みをし枠組みに固定します。
22


24


26


27


28


紙やすりをかけて滑らかにします。
25


29


29ー1


12脚完成!
30


机も製作です。
3


31


32


33


34


36


37


38


38-1


繋ぎダボの穴を開けます。
35


今回はネジ頭を隠すダボでは無く、ダボ材で材木を繋ぎます。
39


ダボを差し込んで枠組みします。
40


41


43


44−1


44-2


44-2-1


44-3


45


46


47


48


49−5


49−6


隙間がなくなるまで、クランプで締め付けていきます。
49−7


49−7−1


49-7-2


枠組みに木工ボンドを塗ります。
49-9


机の天板になる材木を乗せます。
49-10


天板材ごとドリルで穴を枠まで開けます。
55


56


ドリルの穴に木工ボンドを入れます。
57


先程のダボ材を差し込み天板材と枠組みを固定します。
58


余分なダボ材をカットします。
59


天板材の角をトリマーで滑らかにします。
60


62


3台完成です!
63


デザインコースが直ぐに色を塗ります。
63−1


64


65


同時に製作室ではセットも製作です。
80


81


出来たパネルを仮組みしていきます。
81−2


82


83


84


85


85-1


86


87


88


89


89−1


91


その作業以外にも今週は、外部の工場(プランニング・アートさん)でセットの鉄鋼脚を教えてもらいながら溶接作業もやりました。
69


部材をカットします。
70−2−1


70−2−2


脚になる鉄鋼です。
75


75−0


溶接して研磨の繰り返し作業です。
75−0−1


アングルを溶接して付けています。
75−4


75−5


75-5-1


75−6


べースも溶接して固定します。
75−6-1


75−6-2


75−7


76


79−1


79−2


今週の報告は以上です。
また次回の報告もお楽しみに!!

n-82764312 at 23:23 | この記事のURL | |