舞台・美術スタッフを育成する専門学校 日本工学院の演劇スタッフ科ブログ

その情熱、実現させよう。



演劇スタッフ科blog

今週の報告!舞台ゼミ『衣裳ゼミ 

2019年06月08日 今週の報告!舞台ゼミ『衣裳ゼミ 

こんにちは演劇スタッフ科です。
今週も大道具コースはセット製作中です!
7002368E-5057-4E47-8FF0-45B278E27390
D523ABA0-E830-492E-98F7-D49B78718DB4
7AF495D6-F836-417E-A349-730CB1B2BF2C
24272314-7293-42F4-910B-611CFCA0E39B

6/7(金) 1年生の午前中の舞台ゼミは松竹衣裳株式会社の大屋さんと佐藤さんによる『衣裳ゼミ』でした。


前半は、衣裳やスタイリストの仕事についての説明を受けます。

1


2



後半は、時代によって異なるデザインの衣裳を実際に着付けしていただきました。

襦袢と呼ばれる下着をつけてから、衣裳をまとっていきます。
こちらは平安時代の女性が着ていた衣裳です。
3


4


5


6


7


8

完成です!


こちらは平安時代の男性が着ていた衣裳です。
9


10


11


12


13


14


15

完成です!


16


17


18


平安時代は位によって着ることのできる服が決まっていたそうなので、下の身分の人々は着られる服が限られていたようです。


続いて天正時代の衣裳です。
こちらは武士の衣裳です。
20


21


22


23


24

完成です!


こちらは町娘の衣裳です。

25

けだし(蹴出し)と呼ばれる下着をつけます。

26


27


28


29


30


31

完成です!


32


33


天正時代は平安時代と変わって、比較的位に関係なく服が着られるようになった時代だそうです。


続いてこちらも同じく天正時代ですが、少し位の高い身分の衣裳です。

武士
34


35


36


37


38


39


40


殿様
41


42


43


44


45


46

完成です!!

最後は質疑応答でした。
47


48


49



現場での話も交えて衣裳・スタイリストの仕事についてたくさんのお話をしていただき、普段なかなか聞くことの出来ない話に学生も興味深々で授業を聞いていました。


今週の報告は以上です。
また次回の報告をお楽しみに

n-82764312 at 6:24 | この記事のURL | |