舞台・美術スタッフを育成する専門学校 日本工学院の演劇スタッフ科ブログ

その情熱、実現させよう。



演劇スタッフ科blog

なぐり、ナグリ(舞台玄翁、舞台屋鎚)作りpartА

2018年03月24日 なぐり、ナグリ(舞台玄翁、舞台屋鎚)作りpartА

こんにちは演劇スタッフ科です。

3/15(木) に卒業式も終わり、1年生は春休みになり学校もすっかり寂しくなりました。
大道具製作室も広く感じてしまいます。
9C9CC9B0-3650-4C97-A945-030F6005EBE8


03FEEA7A-E1B7-4148-85AA-5C748AFB1B8E


ガチ袋や工具のメンテランス作業です。
そしてなぐり(舞台用玄翁)作りです!
今回はアルミ製でなぐり製作をします。

先ずは長い〜アルミフラットバーをカットします。
1 (2)


1-1


型の線引きをします。
2


持ち手の角を丸く削ります。
3


4


直径22个離曠襯宗爾鬟棔璽詒廚防佞鰻蠅鬚△韻泙后
DE886E58-37FA-4B90-8601-A775C9ADF668


0A4733F4-BE8A-42DB-8302-64F42867F92E


5


6


7


8


こんな感じ穴をあけて、柄の重さを軽くします。
9


9-0


頭の大きさに合わせて柄を削ります。
9-1


10


11


12


13


14


15


頭を支えるクサビ部分に合わせて削ります。
15-1


16


丸く穴をあけた周りを斜めにカットして、滑らかに仕上げます。
17


カット後です。
21-1


角も斜めにカットして滑らかにします。
カット前です。
20


カット後です。
21


22


左はカット前、右はカット後です。
22-1


全体を磨いて仕上げます。
23


頭とクサビそして柄を取り付けして完成です。
23-1


23-2


24


25


26


今回の報告は以上です。
また次回の報告をお楽しみに!!

n-82764312 at 22:30 | この記事のURL | |