舞台・美術スタッフを育成する専門学校 日本工学院の演劇スタッフ科ブログ

クリエイティブを現場で磨く。



演劇スタッフ科blog

演劇スタッフ科blog

2018年10月21日 今週の報告!「かまた祭準備・ステージ仕込み」

こんにちは演劇スタッフ科です。

10/21(日) 本日は6号館1階ロビー特設ステージの続きの建て込み作業です。
先ずは舞台の後ろに足場(イントレ)を2段3基組みます。
1AC04FE9-21A3-4E50-81E2-964AA2F9E5E7


D79BB654-8658-49F7-9A91-82B62D0BFBB7


97D26D5C-9653-408D-AC5B-12282970520C


460E7323-F18B-466A-ADDF-4A96A2842B2C


09A25434-9244-48E1-BEE1-0BFDE570D53B


88F6D882-788C-4767-9E10-C397D998C497


6D67DA70-343C-4CCD-9DBA-FE40FA25096C


スクリーンになるバックパネルを繋ぎます。
FB11A2FA-ABBA-40AA-8BDE-FF8B4C331468


913676ED-1FED-4754-A9E2-D6B20D169AC1


起こしてバックイントレに固定していきます。
76AC8517-5875-48F5-8C9E-A65629B52E08


8E9C864E-EDC0-4B2D-B5C0-F8615B519779


4D117B96-D0AD-4EC3-8913-822D276B18C3


6C7BD5F8-CF83-4916-A240-33BE561A6F46


AA44A736-2F61-4794-9BCB-3DCB8E2CD659


66974325-6B8E-4F19-9DFC-F7BFA97FAECF


1E2807C4-363B-44FC-B703-A9F74FC8B27E


2BC8F934-FD1D-45AA-8FE0-566A4D762BAA


同じくパネルを繋いで先程の固定したパネルと繋ぎ合わせます。
B0F220C2-C99F-4C01-B43D-ED10C82BEBC7


08E7936B-300A-4F54-BD7A-D33A97AA5B1F


670B7CD1-4110-4E86-878C-93A412934DCA


D5610099-7744-481E-A4C2-9AA82942FF21


786CECBA-8ECE-462C-A6B7-F2F47DB7792D


FCB022E1-38C1-43A0-B440-FEA7C0D149D2


11E13F72-CCE6-4BE3-9705-956360CC4D21


BD23FCD2-A40B-446B-9D60-C3C8A07CD4BC


FDECBDEF-A75D-4D28-BF09-467DEE3EA556


2BFDEC29-C6FE-4369-AA8D-FD977228AAF9


330E21C9-5CB6-4FF5-8A25-27C478CBBEFF


6D3234B1-FA5B-4AF7-AA61-9732AEBE41A3


B1A81C04-E4CD-4698-853C-3607391DACF2


また同じことをやります。
B43E8474-0C81-457C-9639-64A3D9692B7C


E1D029CD-FB8E-4F63-A51F-1E9673915C28


82BFC816-8BB6-4C56-96D0-A3A93F864BA0


A01CA75B-0F66-4E1C-B3ED-C8F243E84FE0


228A0783-9C7F-46DF-B6C5-09B97EF83966


4534B540-1926-4FE2-B321-DE9DDFE115AA


C6F932F5-E920-46E0-B6FF-3DEEECCABCF8


舞台の下手(左側)にイントレを1基2段組みます。
79CC4B3F-36E8-4519-97E6-A58BC078E83C


37650BA4-4607-44AD-A79E-7960BBFAB49F


パネルを組み合わせて、バックパネルと繋ぎます。
A468A11F-1AB4-4AD2-9A59-23B819723553


1A848F11-5343-49C2-89F9-B2B2B8F441F2


上手(右側)にもイントレを1基2段組みます。
4F24221D-4295-4BA7-85A3-5839A120D395


パネルを繋いで、バックパネルに繋ぎます。
5819A95F-93B0-4968-ADD9-64E48BB5AE14


D4717056-98F7-4B5B-BD11-0DCE3EF4601A


16B7F446-CF7B-44DE-B72C-49EC50AEBD21


細かい修正と繋ぎ目に紙を貼り、繋ぎ目のラインを分からなくしていきます。
055D5FDC-B733-414F-BA38-A45B02E43DD4


2C42BD36-D0D5-4674-AF4D-10077F2BE2BA


8FC067EC-DD39-4D68-933C-C51065082C07


客席に手摺りを取り付けて紙を貼り、色を塗ります。
A54E0C71-9C3C-4465-BBD7-F4CA502AE94C


B8A82F13-785E-4455-BEB2-CC1700734382


完成です。
36CEA464-1DC2-4BCA-9443-746845BB8CDA


B96CEAF5-2257-4784-B08E-1EE8F52D94F4


F6F09ECA-4B19-4A75-955C-DA7C755A6F7A


今回の報告は以上です。

また次回の報告をお楽しみに!!

n-82764312 at 23:12 | この記事のURL | |

2018年10月20日 今週の報告!「かまた祭準備◆μ邀案胆潺好董璽源店み」

こんにちは演劇スタッフ科です。

大道具コースは今週もかまた祭(学園祭)へ向けて製作と仕込みです。
1


2


3


10/18(木) 野外特設ステージ用の資材トラックより降ろし作業です。
4


5


6


7


10/19(金) 曇り時々小雨の中、特設ステージ仕込み開始です。

後ろ側の足場枠(イントレ)から組んでいきます。
8


9


10


11


12


13


14


舞台の床面仕込みです。
15


16


17


18


19


20


21


床面の水平レベルを合わせていきます。
22


23


24


25


26


床面を防水のためにシートを貼ります。
27


28


シートの上から平板マットを貼ります。
29


30


31


32


33


34


35


10/20(土) 前日と違って晴天に恵まれ、前日の続きの仕込みです。
先ずはバックの足場(イントレ)を3段仕込みます。

36


37


38


39


40


41


42


同時に舞台の蹴込み部分に空枠を仕込みます。
43


バックイントレ仕込みました。
44


トラスの仕込みです。
45


各サイズのトラスをボルトナットで繋いでいきます。
46


47


48


舞台の上で組み立てます。
49


50


組み立てた枠を後ろ側から起こしていきます。
51


次に前側の枠を組み立てて起こします。
52


53


54


55


前側の枠と後ろ側の枠を繋ぎます。
56


57


58


59


反対側の枠を繋ぎ合わせます。
60


61


センターも前側の枠と後ろ側の枠を繋ぎます。
62


63


舞台の蹴込み枠も組んでいきます。
64


65


66


67


68


完成です。
69


70


71


今回の報告は以上です。

また次回の報告をお楽しみに!!


























n-82764312 at 18:19 | この記事のURL | |

2018年10月13日 今週の報告!「かまた祭準備 Φ卆併店み」

こんにちは演劇スタッフ科です。

10月に入って1年生は希望別のコース選択をし、本格的に実技を学んでいきます。

大道具コースも2年生が1年生と一緒に製作作業を始めました。
72F4FFA1-A54B-49A2-99D2-9EB5014DE55A


C5C3CC23-31DC-4015-B673-349A200B015D


CCC94B84-C622-4552-8B4F-D9DC96550947


そして学園祭の製作や建て込みも始まりました!

01


01-1


01-2


01-3


01-4


12(金) 6号館1階ロビー特設ステージの建て込みです。20月より仮設実習場所となり、ロビーに仕切り壁が出来ました。
before
1


after
2 (2)


仕切り壁の内部です。
3


4


「かまた祭」に向けて先ずは、客席を建て込みの資材搬入です。
6


客席の1番奥側(高い場所)から建て込みします。
7


8


9


10


11


12


13


14


15


16


17


高さ+4.2(4尺2寸=127.26cm)出来ました。
18


次の段を建て込みします。
19


20


21


22


23


24


25


26


27


28


高さ+3.5(3尺5寸=106.05cm)出来ました。
29


次の段を建て込みします。
30


31


32


33


34


35


37


38


39


40


高さ+2.8(2尺8寸=84.84cm)出来ました。
41


次に高さ+2.1(2尺1寸=63.63cm)のダメ台を置きます。
42


次に高さ+1.4(1尺4寸=42.42cm)のダメ台を置きます。
43


最後に高さ+0.7(7寸=21.21cm)のダメ台を置きます。
44


45


46


47


48


1番高い客席をオペレーションブースにします。
49


50


51


今日の作業は終了です。
52


53


今回の報告は以上です。
また次回の報告をお楽しみに!!


n-82764312 at 13:22 | この記事のURL | |

2018年10月05日 今週の報告! 『床山ゼミ』

こんにちは演劇スタッフ科です。

10/5金曜日の1年生の授業は、東京鴨治床山株式会社の方々による『床山ゼミ』でした。

1



まず初めに歌舞伎の歴史、床山の仕事、鬘(かつら)の種類について説明を受けます。
2


3


4


5


6


一通りの説明を受けた後は、各グループに分かれて実際に鬘に飾り付けを行っていきます。
7


8


こちらの4種類の鬘を使います。
9


髪飾りは様々な種類が並べられており、この中から各グループで話し合ったコンセプトに合う飾りを選びます。
10


11


12


13


14


15


28


こちらのグループは主に町娘などに使われている「結綿」と呼ばれる鬘を飾り付けていきます。
元結1


元結2


元結3


17


18


19


20



こちらのグループはお姫様に使われる「吹輪」と呼ばれる鬘を飾り付けていきます。
吹輪1


吹輪2


吹輪3


21


22


こちらのグループは遊女などに使われる「傾城」と呼ばれる鬘を飾り付けていきます。
傾城1


傾城2


傾城3


23


24


25


こちらのグループは花嫁などに使われる「文金」と呼ばれる鬘を飾り付けていきます。
文金1


文金3


文金2


26


27


飾り付けた鬘を実際にモデルにつけてます。
29


30


31


32


33


34


35


36



こちらは立役で使われる鬘です。
49


50


51


52


53



最後に各グループでプレゼンテーションします。
38


42


43


どれも個性あふれる素敵な作品となりました
48


54



今週の報告は以上です。
また次回の報告をお楽しみに

n-82764312 at 19:39 | この記事のURL | |

2018年09月28日 舞台ゼミ『特殊効果ゼミ』

こんにちは演劇スタッフ科です。

先週の9/21(金) 株式会社 特効の中島さん(演劇スタッフ科 25期卒)による特殊効果ゼミでした。

1


まずは特殊効果とは具体的にどのようなものなのか、動画を使って説明をしていただきます。

2


3


4


一通りの説明を受けた後は、機材を使って実際に体験していきます。
最初に「キャノン砲」を使ったテープ打ちを体験します。

5


6


レクチャーを受けて、、、
7


8


9


11


12


ネタのテープをひとつひとつ手で入れていきます。
10


13


ネタをセットしたらいよいよ発射です
14


15


こちらも発射
16


17


18


筒の長さや太さ、ネタの量によってテープの飛距離や高さが変わるため、今回学生が仕込んだものも飛び方や開き方がそれぞれ違った面白い結果になりました。



続いて、次は「スノーマシン」を使用した雪降らしの演出について学びます。
19


今回は、2種類のマシンを使用します。
こちらは、マシン専用液を入れると機械を通して泡になって出てくる仕掛けのスノーマシンです。
20


21


22


24


25


26


一方こちらは、ドライアイスを用いたスノーマシンです。
先ほどのものとはまた違った雰囲気の雪になります。
27


28


29


30


31




続いて、今度はスモークマシンを体験します。
スモークマシンはたくさんの種類があり、シチュエーションに合わせて使い分けられます。

こちらは手で持つタイプのもので、炭酸ボンベにつないで使います。
32


33


34


35


36


こちらは先ほどと同じように炭酸ボンベにつないで使いますが、床置きタイプになります。
37


38


39


40


41


42


43


44


45



続いてこちらは電源につなぐと煙が出るタイプで、霧のようなスモークを出すことができます。
46


47


49


こちらは携帯型のスモークマシンで、機械は小さいですが簡単にしっかり煙を出すことが可能です。
48


50


51


52




最後は、シャボン玉を使った演出を体験します。

こちらの機械のスイッチをONにすると...
54


55

56

たくさんのシャボン玉が出てきました!!


ファンを使うと広い範囲にシャボン玉を送ることが可能です。
57


58


さらに機械の後ろにスモークマシンをセットして、一緒に
電源をONにすると.......
59


60


62


63


64

シャボン玉とスモークが合わさってスモークバブルになりました!!
とても綺麗で幻想的なです。



66


今回はたくさんの機械を使って様々な特殊効果を身近に知ることのできるゼミとなり、普段は体験できないものばかりで学生たちも楽しそうに学んでいました。



今回の報告は以上です。
また次回の報告をお楽しみに


















n-82764312 at 20:14 | この記事のURL | |